ヨーロッパの国々から

さまざまなタイプのWEBサイト

欧米語と日本語の多言語構成可
雛形使用でも斬新なデザイン,料金は相場の3分の1以下

ホームページもショップも,ソフト不要のCMS

● 必要なのはインターネット回線だけ。居住国不問
● ご希望のデザインで,お客様ご自身が編集できるシステムのご提案。
● ゼロからの設計ではなく,システム付属機能,Website Builder, PhotoShop, Illustrator などを駆使して超低料金を実現
● ご予算ピッタリのホームページ作成も可
● ご要望に応じてレンタルサーバー探しのお手伝いもいたします。ドイツのみ(無料)。
● 日本などドイツ以外からのご注文もお受けいたしますが,ドイツ以外のサーバー支援は残念ながらできません。

簡素なホームページ
3日仕上げ
119 19%付加価値税込み
公開後1週間の編集サポート(無料),その後のサポート管理(任意): 12 € / 月
Wordpress
最大10ページ
(追加料金で無制限)
その他のCMS(Wix, Jimdo)はご相談ください
ご利用条件,個人情報保護,クッキー設定表示,発行責任者など,EU法規に準拠したテキストの雛形見本有り
基本的に含まれている機能(スマホ最適化,メールアカウント,問合せフォーム,動画埋め込み,SEO設定,カレンダー,サイト内検索,Favicon)
ソーシャルメディア連携および無料画像取得可
自分でゼロから写真挿入+記事を執筆できる空白サイト可(1ヶ月の編集支援含む)
ドイツ及びEUの個人データ保護規約の独英語の作成可
和独翻訳可(1 € / 50文字)
標準WEBサイト
1ヶ月
595 19%付加価値税込み
公開後1週間の編集サポート(無料),その後のサポート管理(任意): 60 € / 月
Wordpress, Joomla
最大30ページ
(追加料金で無制限)
その他のCMS(shopify, Wix, etc.)はご相談ください
ご利用条件,個人情報保護,クッキー設定表示,発行責任者など,EU法規に準拠したテキストの雛形見本有り
基本的に含まれている機能(スマホ最適化,メールアカウント,問合せフォーム,動画埋め込み,SEO設定,カレンダー,サイト内検索,Favicon)
ソーシャルメディア連携および無料画像取得可
多言語可
ドイツ及びEUの個人データ保護規約の独英語の作成可
和独翻訳可(1 € / 50文字)
法人・店舗・飲食店
2ヶ月
1190 19%付加価値税込み
公開後1週間の編集サポート(無料),その後のサポート管理(任意): 60 € / 月
Wordpress, Joomla
最大50ページ
(追加料金で無制限)
その他のCMS(shopify, Wix, etc.)はご相談ください
ご利用条件,個人情報保護,クッキー設定表示,発行責任者など,EU法規に準拠したテキストの雛形見本有り
基本的に含まれている機能(スマホ最適化,メールアカウント,問合せフォーム,動画埋め込み,SEO設定,カレンダー,サイト内検索,Favicon)
ソーシャルメディア連携および無料画像取得可
通販・予約機能可
ドイツ及びEUの個人データ保護規約の独英語の作成可
和独翻訳可(1 € / 50文字)
ヨーロッパでモノを売りたい方

Japan Marketplace に参加しませんか?

要望に沿ったショップ形式
ただ売りたい方,日本からの方など

委託販売

商品撮影から課金・発送まで一貫サービス
  • ドイツおよびEUの法律に準拠しているので安心
  • 販売および発送後のトラブルや返却対応など,全責任を担います
  • 商品を送っていただいた後,写真撮影を行い本サイトで販売。(商品説明はご用意ください)
もっと販売網をお望みの方,ショップ未完成の方など

モール販売

注文後,お客様ご自身が配送手配
  • ドイツおよびEUの法律に準拠しているので安心
  • 発送後のトラブルや返却対応における支援はいたしますが,責任はお客様が負うことになります。
  • お送りいただいた写真,商品説明を基に本サイトに掲載し,販売確認,課金の後,配送先をご連絡いたします。

WEBサイトができるまで

ご存知ですか?

日本と大きく異なる
EU発のサイト運営について

  • EU諸国圏のすべてのWEBサイトは,発行責任者(代表者氏名,住所,電話番号,メールアドレス)を全ページの誰でもすぐに見つけられる箇所に記載することが義務付けられています。
  • 無料ブログでも,広告(アフィリエイト,アドセンス含む)が記載されると営業サイトとしてのEU電子商取引法が適用されます。
  • 通販サイトでは,理由を問わず14日以内の商品返却および送料込みの払い戻し権利など,日本よりも厳しい義務が運営者に課されています。
  • サイトの形態を問わず,登録やショップなどで何らかの個人情報が保存されている場合,「保存されている個人情報の内容および要望に応じて即削除する」旨の記載が義務付けられています。
  • レンタルサーバー(WEBプロバイダー)契約者は氏名や住所など,虚偽の申請があると罰せられます。
  • 個人ブログやEbayなどでの私物の販売は自由ですが,ショップサイト運営者は必ず営業許可および税務署への申請が必要です。
  • 個人情報保護の観点から,入力フォームに記載された個人情報の利用や保存に関する説明および要望に応じて削除する旨の説明を記さなければなりません。
  • 免責事項として書くことは自由ですが,免責事項であっても電子法に抵触している場合は免責にはなりません。
  • 広告などを目的とするメールは,明示的に了解を得た受信者のみに送信することができます。


レンタルサーバーもインストールも不要のクラウド管理のWEBサイトビルダーが増え,日本語にも対応するようになりました。データファイルも全て渡し,他人任せの管理になりますが,その分内容のみに集中できます。

同じCMSシステムでもWordPress や Joomla は自分ですべて管理するので大変ですが,データは自分の下にあるという安心感はあります。

■ WEBサイトビルダー(日本語版)

>> Wix
>> Jimdo
>> Strikingly
>> Squarespace (英語)
>> Weebly
>> webnode

■ WordPress

>> WordPress

簡素なブログから発展したWordPressは複雑になりましたが,日本のユーザーも急激に増えたので,日本語での情報が得やすくなりました。
また,Joomla と比較すると細かい設定には弱い反面,レイアウトが崩れることはほぼありません。
ただ,多言語が基本となっていないこと,特に日本語を主とした多言語サイトはJoomla の方がしっかりしている印象。
ショップはWoocommerce (WordPress) の方が優れていると思います。

WEBサイトと並行してソーシャルメディアも利用している人が多いと思いますが,ソーシャルメディアまたはホームページの更新を互いに反映させる機能の活用はお奨めです。

カート
Sidebar
ja日本語

ログイン

まだ未登録ですか?